ゴルフ 練習 回数

ゴルフは練習回数よりも質が大事!

ゴルフの練習は回数をこなさないと上手くならないのでしょうか?

 

 

といわれれば、そんなことありません。

 

ゴルフが上達するのに必要なのは、練習回数ではなく、

 

 

練習の質

 

 

の方が大事なのです。

 

 

これは、私自身の体験からもいえます。

 

結局は、練習の質がよければすぐに上達します。

 

 

上手い人の中には、

 

「何千、何万球打たないと上手くならないよ」

 

とか言う人がいます。

 

あれって正しいようで間違ってると思います。

 

 

要は、初級者に自分が経験した努力とか苦労を味合わせたいだけです。

 

「俺はこんなに苦労したんだからお前も苦労しろ!」

 

ってね。

 

ゴルフのコツを教えてあっさり抜かれるのも嫌なので中々教えてくれませんし。

 

 

そりゃ黙々と打ちっぱなしで練習することが苦にならないなら、ひたすら練習すればいいんです。

 

たしかにゴルフはひたすら何万球も打ち続ければ、そのうち上手くなってくるでしょう。

 

 

毎日仕事終わりに打ちっぱなしに行き、手の豆を何回も潰して。。。

 

センスのない人だと3年以上はかかります。

 

それだけの根気があるならばいいのですが(汗)

 

 

ゴルフは質の高い練習で上手くなる

 

ただし、ゴルフの原理原則を理解し、初級者がやるべき練習方法を知ってれば話は別です。

 

3年以上に渡り、何万球も練習しようと思ったら、それは修行です。

 

ゴルフはもっとシンプルなスポーツです。

 

修行僧のように必死で練習する必要ありません。

 

 

そうは言いつつ、私はダンプカーの荷台を5杯分ぐらいのボールを打ちました。

 

正直、ゴルフは楽しいというより辛いものだと思ってました。

 

でも、上手くなった今だから解ることもあります。

 

「あんなに練習する必要なかった」

 

って。

 

 

ゴルフのスイングを難しく考えすぎてたのかもしれません。

 

 

安定したショットを打つために必要な箇所は多くありません。

 

ゴルフには、

 

ココさえ練習しておけばスイングは安定する

 

という部分があります。

 

 

 

100を切るぐらいなら正しい基礎の練習をすれば3ヶ月以内に切れると思います。

 

 

ただ闇雲にドライバーをぶっ放し、気が向いたらアプローチの練習をしていた私。

 

まともな打球はほとんどなく、10球に7球ぐらいはスライスやトップ、ダフリという有様。

 

これでは上達するはずないですよね(汗)

 

 

ゴルフを短期間で上手くなりたかったら、スイングの中で本当に重要な箇所だけを繰り返し反復練習し、基礎固めをする。

 

まずはこのシンプルな練習から始めることです。

 

 

毎日疲れているのに何百球も打ち込む必要ないですし、お金の無駄使いです。

 

 

しかも、それで上手くならない可能性だってあるわけですし。

 

 

私がこれまで無駄な時間を使って手に入れたスイングは、本当なら3ヶ月で手に入ったんですよ。

 

相当ショックでしたが事実です(T_T)

 

 

そのシンプルなゴルフで本当にやるべき基礎練習の方法がこのDVDで紹介されてます。

 

シンプル理論マスタープログラムのレビュー記事

 

 

これがゴルフ初級者や、練習してるのに上達しない人が取り組むべきシンプルなゴルフ教材です。

 

やり方さえわかれば、後は淡々と繰り返すだけで身につきます。

 

こんなの自分で考えようと思ったらどれだけ時間があっても足りませんよ。