ゴルフ 90切り 練習

ゴルフで90切るにはあの練習をするだけでOK!

ゴルフで90切りするために最も必要な練習って何か分かりますか?

 

 

それは。。。

 

 

「パター練習!」

 

 

です。

 

 

「え?たったそれだけ?」

 

と思うかも知れませんが、80台にのせるためにはパッティングが重要となります。

 

 

全ホールをボギーでまわればスコアは90です。

 

ということは、1ホールでもパーを取れば晴れて80台に突入です(^^)

 

で、楽にボギーを取れる確率が高い方法が、

 

3オン2パット!

 

 

のボギーです。

 

 

このボギーを重ねることで安定して90を切れるようになります。

 

90を切りたいレベルまで来ている人は、ゴルフ技術的には上級者です。

 

とにかく、パターを2パットで仕留めることができれば90切りに近づくでしょう。

 

 

パッティングには正しい型がある

 

パッティングには「型」があります。

 

 

パターはセンスだけで何とかなる人もいますが、センスがなくても正しいパッティング理論と練習で型にはめれば誰でも上手くなります。

 

パター数が少くパープレーで回れる人に共通することがあるのをご存知ですか?

 

それは、

 

パターの型を知っている

 

ということです。

 

 

ちなみに、普通のクラブでのショットとパッティングではスイングの仕方が異なります。

 

パター以外のクラブでは、ボールを空中に上げなければならないのでダウンスイングでバックスピンをかけます。

 

それに対して、パターはフォロースピン、つまり順回転で転がします。

 

 

なので、まずは転がす感覚を身につけることが大事なんですよ。

 

 

パターの原理原則

 

パターのバックスイングを、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すイメージで振ると失敗します。

 

自分では真っ直ぐのつもりでも、実際はアウト→アウトの軌道になっているからです。

 

とあるティーチングプロが計測器を使い、アマチュアの軌道を膨大な数のデータで調べたそうです。

 

その結果、

 

ほぼ100%のアマチュアがアウト→アウトの軌道

 

だったそうです。

 

このアウト→アウトの軌道を真っ直ぐに修正するには、ほんの少しスイングを変えるだけで直ります。

 

 

また、パターが下手な人はバックスイングのやり方が間違ってます。

 

 

パッティングで大事なのはバックスイングではなく、〇〇です。

 

通常のショットよりも〇〇の部分が重要なのです。

 

※あるティーチングプロのパッティング理論のため伏せ字にしましたm(_ _)m

 

 

で、そのパッティング理論について恐ろしく効果が高い練習法が収録されているのがこちらのレッスンDVDです。

 

クォーター理論でパッティングを極める?レビューはこちら

 

 

PS.

 

このレッスンによって、いつでも同じように打てる「再現性の高いパッティング」を身に付ける事が出来ます。

 

ロングパットでも2パットで入れるコツがわかります。

 

アウト→アウトの軌道を修正して真っ直ぐ打つことができます。

 

パッティングの原理原則を理解し、正しいストロークを習得することができます。

 

 

その効果は実際に行動しなければ絶対に味わえません。

 

90を切るためには誰もが通る道だと思います。

 

1日たった3分でも続ける事が出来れば、その効果は「絶大」です。