ゴルフ スライス 理由

ゴルフでスライスする理由は?

スライスって、初級者のゴルファーさんなら誰もが通る壁だと思います。

 

もちろん私もスライスに悩み苦しんだ一人です。

 

 

スライスする理由。

 

それは、

 

 

フックグリップで握っている

 

バックスイング始動の時、クラブヘッドをまっすぐ引いている

 

バックスイングで、顎の下に左肩を入れてしまってる

 

ダウンスイングの時、右肘を落として、脇をしめている

 

インパクトの時、手首を固定して返していない

 

インパクトでアドレスの再現を目指している

 

振り遅れないように速く腕を振っている

 

間違った体重移動で打っている

 

 

などなど、このようなスイング動作は得てしてスライスになります。

 

 

他にも細かいことは色々ありますが、あなたが正しいと思ってやってるスイング動作は、逆にスライスを誘発していることが多いでしょう。

 

 

そして、スライサーには共通することがあります。

 

それは、

 

手打ち

 

だということです。

 

 

ここでいう手打ちとは、ボールに当てにいくスイングのことです。

 

ゴルフはボールに当てにいくと、ほぼミスショットにつながります。

 

 

 

いやいや、私は手打ちにならないように、

 

 

「しっかり手首を固定して体を使ってスイングしてます!」

 

 

という人がおられますが、インパクトでは手首を返す動きがないとフェースが開いてスライスします(汗)

 

「リストターンそしてはいけない」というすり込みがあるせいか、手首を固定して振る初級者の方は非常に多いです。

 

では、そろそろスライスを直す方法を書いていきますね(^^)

 

 

スライスを直すために必要なこと

 

スライスを直すには、手打ちスイングをやめる必要があります。

 

そのためには、腰と肩をできるだけ回すようにする必要があります。

 

 

具体的には、

 

 

「3本のライン」

 

 

を使って自分にピッタリあった、

 

 

「スライスしないクラブ軌道」

 

 

と、

 

 

「その軌道を通るためのスイング方法」

 

 

を習得することが必須なのです。

 

 

 

これらを理解することで、正しいアドレス・バックスイングになり、インサイドからしか打てなくなる正しいトップ位置を得ることができます。

 

そして、狙った方向へ打てるインパクトとフォロースルーの打ち方に変わっていきます。

 

 

自分に合った「スライスしないクラブ軌道」と、その「スイング方法」、そして練習方法についてはこのDVDを見れば全て収録されています。

 

ドローボールマスタープログラムでスライスは直る!

 

PS.

 

ちなみにですが、

 

・インサイドアウトに振る

 

・インパクトの時に手首をこねる

 

・グリップをストロンググリップにする

 

 

といった小手先のテクニックではスライスは直りませんm(_ _)m

 

「スライスの本質」を知らないと無駄な練習を繰り返すことになるのでご注意下さい。