ゴルフ スイング 再現性

ゴルフスイングの再現性を高める唯一の方法!

ゴルフスイングの再現性を高めるにはどうすれば良いのか?

 

 

実はバックスイングやフォロースルーがヘタでも再現性のあるスイングかつ安定したショットを打つことは可能です。

 

でもゴルフを始めた当初は、どうもその仕組みと言うか本質的な部分がなかなか理解できませんでした。

 

うーん、この本やDVDの理論通りにスイングしてんだけどなぁ(汗)

 

 

って。

 

 

今思うと簡単なことなんですが、その時は何をやっても上手く打てなかった。

 

 

スイングの再現性を上げるには、グリップを変えないといけない・・・

 

テークバックは20センチ真っ直ぐ引いてから・・・

 

フォローからフィニッシュまで円を描いて・・・

 

 

とか、他にも色々やったし、豆が潰れるほど練習もしました。

 

 

でも、ハッキリ解ったことがあります。

 

 

ゴルフスイングでショットを安定させるために必要なものはインパクトの再現性だということが。

 

 

具体的に言うと、

 

 

「インパクトゾーン」

 

 

ですね。

 

 

インパクトゾーンの再現性があれば何回打っても、毎回同じ所に飛ばすことができます。

 

 

よく考えたらこれって当たりまえの話で、素人でも、ちょっと上手いアマでも、プロでもインパクトだけは同じ軌道を通らないと良いショットは打てませんからね。

 

 

つまり、ゴルフは難しく考えないで、上手くなりたければインパクトゾーンの練習に時間をさいてみましょう。

 

 

ゴルフスイングの再現性=インパクトゾーン!

 

ゴルフ場や練習場で、変なスイングフォームなのに、真っ直ぐ打ってる人を見たことがありませんか?

 

あれって、バックスイングやトップがめちゃくちゃだけど、右腰から左腰までのインパクトゾーンでは正しい軌道で振れてるからです。

 

 

ゴルフのスコアを伸ばすために必要なのは、プロのようなスイングではないし、今より飛距離を伸ばすために必要なのは、綺麗なフォームじゃありません。

 

 

あなたがゴルフを始めた目的は、綺麗なフォームでスイングすることじゃなかったはずです。

 

 

気持ちよくヘッドの真芯でボールをとらえ、スコアを伸ばしていくこと。

 

 

その結果、スコア100切り、90切りを達成することが目標だったはず。

 

 

それを実現させるには、インパクトの再現性が生命線というわけです。

 

 

ソコが上手く振れないと100切りはできません。

 

 

何のためにゴルフをやってるのかを考えれば、答えは自ずと出てきます。

 

 

私もゴルフがなかなか上達しませんでしたが、それは本当に重要な部分をすっ飛ばして闇雲にドライバーでフルスイングしてたからです。

 

地味でつまらない練習を拒絶して、マン振りばかりしてました(汗)

 

 

 

そういう思考だからいつまでたって上手くならなかったのです。

 

 

インパクトゾーンの再現性のコツを掴んでからは、それほど練習しなくてもコンスタントに90切ることができてます。

 

 

だから別にゴルフって難しくないんですね。

 

 

あなたもインパクトの再現性を掴めば、何度打っても変わらず安定したショットが打てるようになります。

 

 

で、そのインパクトの再現性を高める方法は、以下のDVDに全て収録されてます。

 

 

ビジネスゾーンを体系的に学び習得できるレッスンDVDの詳細

 

 

これを見れば、最低でも100切りとかあっという間に実現できるでしょう(^^)