ゴルフ 手打ち

ゴルフには手打ちで上達する理論があります!

ゴルフは手打ちで上手くなります。

 

といったらビックリする人もいるでしょうが、これは事実です。

 

 

「手打ち」だから「当てに行く」ということではないので、そこはご注意ください。

 

従来のゴルフ理論では、しっかりと体重移動をしてボールに力を加えることが大事だと言われてきましたが、今は少し違います。

 

向き不向きもあるでの一概には言えませんが、手打ちを推奨するゴルフ理論も増えてきました。

 

手打ちと言っても、リストターンのことですが。

 

 

フルスイングで安定したショットを打つにはリストターンが必要となります。

 

 

これもまた、従来のゴルフ理論ではリストターンはいけないことだと言われてきました。

 

でも事実は違います。

 

 

ゴルフにはアームローテーションが必須

 

手打ち=リストターン(アームローテーション)だと思って下さい。

 

ボールのつかまりをよくするにはアームローテーション、つまりリストターンが必要なのです。

 

 

体は直立し、正面を向いたままで、体重移動せずに手だけでクラブを肩から肩まで振ってみるとリストターンのコツが掴めます。

 

 

体の正面できれいに手が返る感覚が解るかと思います。

 

 

後は、そのまま体を前傾させていくとキレイなスイングプレーンの出来上がり。

 

体重移動は必要ありません。

 

 

手打ちをすることで、クラブのトルクが使えるようになり、ボールのつかまりが良くなります。

 

ただし、やはりこれだけではフックばかり出てしまい、とても実践向けとはいえません(汗)

 

 

ではどうすれば良いのか?

 

 

ゴルフでフルスイングしても安定したショットを打つには

 

フルスイングしても真っ直ぐ飛距離のある打球を打つためには、2つの動作を組み合わせることが必要です。

 

それは、「手打ち」と「〇〇」です。

 

伏せ字にしたのは、あるゴルフ理論の著作権があるためお見せできないからです(T_T)

 

 

ただ、手打ちと同等くらい簡単な動作です。

 

 

フルスイングをマスターするためには、基本的に「体を使わない手打ちの練習」をします。

 

 

まずは手打ちの反復練習ですね。

 

 

手打ちだけでは当然フックの軌道になりますが、それでも我慢して続けます。

 

 

安定してフック打ちができるようになれば、次の段階にはいるのですが。。。

 

 

これ以上はネタバレとなってしまうので、その先の練習方法は以下の記事をお読み下さい。

 

練習場で確実に上手くなるクォーター理論とは?

 

 

従来のゴルフ理論よりも格段に短い時間で上達することができるので、このDVDを手にして損はないでしょう。