ドライバー 飛ばすスイング

ドライバーで飛ばすスイングを身につけるたった1つの方法

ドライバーで飛ばすスイングをするために何をすべきか?

 

 

ドライバーで飛ばすスイングをするには、

 

「飛距離を伸ばすための練習をする」

 

ことが重要です。

 

 

ここは避けて通れません(汗)

 

 

ですが、

 

「飛距離を伸ばすための練習」

 

を知らなきゃどうしようもない訳ですよね?

 

 

もちろん、今では有料無料問わずで飛ばす方法を簡単に得られます。

 

 

でも、多くの人は「具体的にどう練習するの?」と思う訳ですよね。

 

 

これは私の元に届く相談メールでも見受けられます。

 

 

ではお答えします。

 

 

具体的な飛ばす方法

 

ヘッドスピードを上げること=飛距離アップではない!

 

 

まずは、これを覚えておいて下さい。

 

 

「ボールをより遠くへ飛ばすのに、一番重要なのは、体格でもパワーでも、ましてやヘッドスピードでもないのです。」

 

これは、ドラコン王・安楽拓也プロの言葉です。

 

ドラコンの大会で何度も優勝するぐらいだから、相当筋力トレーニングを積んで腕力でブッ飛ばしていると思いますが、そんなことはないのです。

 

 

もちろんヘッドスピードは無いよりはあった方がいいとは思います。

 

でも、腕を速く振ればヘッドスピードも上がるという単純な話じゃなく、腕だけで振ってもボールは飛びません。

 

 

足と手を連動させて初めて本当のヘッドスピードが生まれるのです。

 

 

腕力がなくても、筋肉が少くても関係ありません!

 

 

今、あなたの持っている下半身の潜在能力を100%引き出すことができれば、今すぐ飛距離を伸ばすことは十分可能です。

 

 

ただ、下半身でためたパワーをいかにボールに伝えろと言われても、具体的にどうすりゃいいのか分からない。

 

つまり、「飛ばす方法を知ってる」のと「実際に飛ばせる」というのは別ってことです。

 

 

で、実際の飛ばす練習方法を教えてくれませんか?

 

飛距離アップの練習はどうやるの?

 

 

ってことですが。。。

 

 

それは、実際にプロの飛ばし屋としてドラコン大会で優勝されたドラコンチャンプの練習方法を真似るのが一番でしょう。

 

 

 

例えば、ドラコンプロ第1号としてゴルフパートナーと専属契約を果たしている安楽拓也プロのスイングとか。

 

 

安楽拓也プロはご自身の飛ばしのテクニックや練習法を公開されていて、その内容は本当に簡単で短期間で飛距離が伸びると有名です。

 

 

今の自分のスイングを壊さずに、良い所だけを伸ばし、悪い所は2、3箇所修正するだけ。

 

 

たったそれだけのことで、飛ばすスイングを身につけることができるんですね。

 

 

安楽拓也プロの練習法なら、わずか5分の練習でドライバー飛距離を70ヤードを伸ばす程度のことはできます。

 

 

安楽拓也監修のPerfect Swing TheoryというレッスンDVDの詳細