ゴルフ 練習 しない

ゴルフって練習しないで上手くなるのか?

ゴルフの練習をしないで上達する方法が知りたいあなた。

 

 

そんなの私が知りたいです(笑)

 

と言いたいところですが、ホントのところ、あまり練習しなくても上手くなる方法はあります。

 

ゴルフには、ここだけは外してはいけないという重要なポイントがあるんですね。

 

スイングの連続写真を見て研究したり、雑誌の特集を真似てみたり、クラブを買い替えても上手くなりません。

 

実は、アマチュアの我々が正しい安定したスイングを作っていくうえで重要な事はたった1つ。

 

 

その1つだけでも練習すれば劇的に改善されます。

 

 

極端な話、そこだけを短期間練習すれば上達するので、ある意味練習しなくても上手くなります。

 

 

しばらく乗ってなくても自転車に乗れるのと同じで、一度正しいスイングを覚えると、体は忘れません。

 

 

練習場で何球もボールを打つ必要もありません。

 

手に豆をつくる必要もないですし、高価なドライバーも必要ありません。

 

人によって異なるゴルフ理論に頭を悩まされる必要もありません。

 

 

これだけ練習してりゃ100は切りは可能です

 

スイングにはプロでもアマでも安定したショットを打つ人に共通する変わらない部分があります。

 

それは、「インパクト」です。

 

細かく言うと、「インパクトゾーン」ですね。

 

 

 

バックスイングや、フォロースルーがメチャクチャ不格好な人でも、パシーっと真っ直ぐ飛ばす人っていますよね?

 

あれは、インパクトゾーンがしっかり正しい形と軌道で打てているから真っ直ぐ飛ぶのです。

 

この部分だけは、上手い人は皆同じなんです。

 

 

つまり、インパクトゾーンさえ正しく振ることができれば、簡単に100切りすることも可能ということ。

 

 

また、インパクトを点でとらえず線でとらえることで安定した軌道を描くことができます。

 

 

一般的には、トップ→ダウンスイング→インパクトという考え方をしますが、インパクトから逆戻しでスイングを考えることで最短で上手くなることができます。

 

 

逆算式でスイングを構築していくほうが短期間で上達するんですよ(^^)

 

 

→逆算式で最短でゴルフが上手くなる方法があるんです!

 

 

下手すぎて恥ずかしいから練習場に行けない場合

 

私はゴルフ初心者のころ、あまりに下手すぎて練習場で打つのも恥ずかしくて嫌でした。

 

また、練習場の主みたいなオジサンがやたらレッスンしてくるんですよね(汗)

 

なので、私はある程度、自宅で練習して自信をつけてから練習場にいきました。

 

 

それでも、真っ直ぐな打球をビシバシ飛ばすことができたので絶対打ちっぱなしで練習しなければいけないということはないでしょう。

 

ぶっちゃけ、インパクトゾーンを固める練習は自宅でもできます。

 

 

大事なことなので何度も書きますが、スイングでもっとも大事なのは、インパクトゾーンです。

 

 

あまり練習したくない、でも100ぐらいは切りたいならインパクトゾーンの練習をするのがベストです。

 

その答えは以下の記事に書いています。

 

必死に練習しなくても自然と正しいインパクトゾーンが身につくレッスンの評判