スライス 原因 アウトサイドイン

スライスの原因はアウトサイドインだけではありません!

スライスの原因はアウトサイドインだと言われています。

 

確かにアウトサイドインの軌道でダウンスイングをすると、ほぼスライスするでしょう。

 

 

アウトサイドインを直せばスライスが直りますが、問題は何がどうなってアウトサイドインになってしまっているのか?

 

です。

 

アウトサイドインになる原因は一つではなく、複数の要因が重なってアウトサイドインの軌道になってるからです。

 

そして、ほとんどの人が間違ったスライス改善策をとられています。

 

 

例えば、

・バックスイング始動の時、クラブヘッドをまっすぐ引いている

 

・バックスイングでは、顎の下に左肩を入れている

 

・ダウンスイングの時、右肘を落として、脇をしめている

 

・インパクトの時、手首を固定して返していない

 

・インパクトでアドレスの再現を目指している

 

・振り遅れないように腕を速く振っている

などなど。

 

 

思い当たるフシはありませんか?

 

実は、上記のようなスイングをしていると、一生スライスは直りません!

 

スライスを直すために必死で考えたスイングは全く意味がなかったのです。

 

 

では、どうすればよいのか。

 

 

本当にスライスを直す方法

 

スライスを直すために、

 

インサイドアウトに振る

 

インパクトの時に手首をこねる

 

グリップをストロンググリップにする

 

 

といった、小手先のテクニックをしたりしますが、これでは直りません。

 

付け焼き刃の対策にすぎないからです。

 

 

本当のスライス改善法とは、

 

 

「幹となる身体を使った打ち方」

 

 

を習得することが必要なのです。

 

 

手打ちスイング、カット打ちを直すために、幹となる腰と肩をできるだけ回すようにするのです。

 

 

また、スライス対策と一言でいっても、老若男女、身長、体格などは人によって違うので、全ての人が同じ対策をしても同じ効果が得られるとは限りません。

 

もっと、一人一人に合った、スライス矯正法があります。

 

 

具体的にいうと、自分にピッタリ合った、

 

 

「3本のライン」

 

 

を、知ることから始まります。

 

 

そして、自分に合った3本のラインから導き出した、

 

 

「理想的なクラブ軌道」

 

と、

 

「その軌道を通るスイングの方法」

 

 

を、学び練習して習得することが先決なんです。

 

 

 

他にも、

 

スライスしないアドレスやバックスイングのやり方

 

インサイドからしか打てなくなるスライスしないトップ位置

 

狙った方向へ打てるインパクト・フォロースルーのやり方

 

 

などを学ぶことも大切です。

 

 

これらが自然と出来るようになれば、あなたのスライスは直ってます。

 

 

スライスしない軌道を通るスイングの方法が収録されたDVDのレビュー記事

 

 

やる気次第で短期間で直りますし、長くても3ヶ月以内に直るかと思います。