ハーフショット

ハーフショットはゴルフの基礎作りに最適です!

ハーフショットでゴルフが上手くなります。

 

 

「ゴルフは小さいスイングほど難しい。」

 

と言いますが、これは事実です。

 

早く漕げば安定する自転車も、遅く漕ぐとすぐによろけます。

 

試しにウェッジで5ヤード打ってみて下さい。

 

これが簡単だと思えれば、100切りはあっと言う間です。

 

100切りどころか80台も狙えます。

 

私の今までの経験や調べてきた中で、小さなスイングが出来れば、後はその延長でしか無い。

 

と言う教えがありました。

 

つまり、小さなスイングが出来なければ大きなスイングもまた出来ない

 

と言う事です。

 

小さなスイング(ハーフスイング)は、

 

始動のきっかけ

 

クラブと体の動かし方

 

切り返し→ダウンスイング

 

インパクト

 

フォロー

 

 

という、全てが連動しないと上手く打てません。

 

 

それに全く誤魔化しが通用しません。

 

「ミスしたかしていないか?」が、これほど顕著に出るショットは無いです。

 

 

これだけでハーフショットの重要さは理解できますよね?

 

私は今でもハーフスイングの練習はしますし、少しでもおかしくなると必ずやって、自分のスイングをチェックしています。

 

 

ホントに正しいハーフスイングの学び方

 

ハーフショットは、通称ビジネスゾーンと呼ばれる、大体腰から腰までのスイングです。

 

 

これは、「優良」と呼ばれるゴルフ教材では必ず紹介されている練習方法です。

 

ですが、その必要性と重要性までは、あまり語られる事がありません。

 

私は、ハーフショットって、

 

【正しいインパクトを身に付ける練習方法の最高峰】

 

だと思ってます。

 

 

ゴルフスイングの理想は、体の大きな筋肉を使って、遠心力で打つ動作です。

 

もちろん腕力も必要ですけど、いわゆるボディターンで打ちます。

 

再現性が高く飛距離も伸びるので、これがゴルフのキモだといえます。

 

その感覚を掴むにはハーフスイングが最適なんですね。

 

 

 

「ビジネスゾーンが完璧ならゴルフで食っていける」

 

と、プロは口を揃えて言いますし、それだけ重要だと言う事ですね。

 

 

ハーフスイングにはゴルフの全てがあります。

 

重心(体重)移動、テークバック、切り返し、ダウンスイング、フォロー。

 

一つでもおかしいと打てません。

 

逆に、ハーフショットさえしっかり打てると、フルショットが見違えるように安定します。

 

 

実際に練習してる人が少ないという事実

 

私のアイアンが抜群に安定しだしたのはハーフショットの練習を取り入れてからです。

 

それまでダフリ、トップ、シャンク、しまくりだった私が、1ラウンドで2ホールもニアピン取れたのはハーフショットを練習したから。

 

それだけ劇的な変化があるのです。

 

 

でも。。。

 

これだけ色々と情報がある割に、練習場では全く見かけません。

 

誰もハーフショットの練習をしていません!

 

私だけす(笑)

 

 

正しい練習方法を知らないからなのか??

 

 

だとしたら、一刻も早く正しいハーフスイングの練習方法を知り、実践したほうがいいです。

 

ビジネスゾーンを極めるにはインパクトから逆算したハーフショットの練習方法を愚直に続ければ叶うからです。

 

その練習方法は小原大二郎コーチが教えてくれます。

 

逆算式の発想でインパクトを安定させるレッスンDVDのレビュー

 

 

極めるまでにかかる時間は、練習頻度にもよりますが、例えば100球のボール数で、毎週練習場に通うとしたら、1カ月でほぼ打てるようになります。

 

 

自宅の素振りでも十分に身につくので、練習場に通う時間がとれない人でもできます。

 

もし2週間に一度でも可能なら、1球に時間を掛けて打って下さい。