ゴルフ 飛距離 筋トレ

ゴルフで飛距離アップのために筋トレするのは正解なのか?

ゴルフで飛距離を伸ばすために筋トレをしてるなら、無駄な努力かも知れませんよ(汗)

 

まぁ確かに飛ばすために筋肉は必要なのかもしれません。

 

 

でも、それってプロの話です。

 

300超えを実現したいなら、多少なり筋トレは必要だと思います。

 

でも、250ヤード超えなら鍛えなくとも飛ばせるようになります。

 

 

ドライバーで飛ばせるようになるには、飛ばせるスイングと練習方法を知る必要があります。

 

 

真っ先にしなければいけないのは筋トレをすることじゃないんです。

 

ガムシャラに筋トレをして筋肉を付けて、今まで通りのスイングで振る。

 

または、ネットの情報や雑誌の飛ばせる方法を見て真似て練習してみる。

 

 

これが実は「ゴルフで飛ばせない人」に多い特徴です。

 

 

つまり、いくら筋トレしてムキムキになっても250ヤードすら超えられないのです。

 

ゴルフで飛ばす方法はもっとシンプルなんですよ。

 

 

ゴルフで筋肉を付けずに飛ばす方法

 

ゴルフで飛距離アップするために真っ先にしなければいけないのは、アドレスの取り方です。

 

アドレスに注意すれば、あなたの持っている下半身の潜在能力を100%引き出すことができるため、今すぐ飛距離を伸ばすことができます。

 

 

初級ゴルファーはまず筋肉を付けたがりますが、中上級ゴルファーほど、アドレスや下半身の使い方を重要視します。

 

 

下半身を使うことに集中していれば、フェースを合わせようという意識がなくなるので、自然にスクエアインパクトでボールを捉えることが可能になります。

 

 

そのやり方は、実際に飛ばしてる人にコツを教えてもらうのが一番手っ取り早いです。

 

 

あるドラコン大会優勝者のプロはこう言いました。

 

ボールをより遠くへ飛ばすのに、一番重要なのは、

 

「体格でもパワーでも、ましてやヘッドスピードでもない」

 

「下半身の力を最大限に活かすアドレスが重要」

 

なのだと。

 

 

そして、「足」と「手」の連動で最も効率よく遠くへ飛ばす方法を学ぶこと。

 

それがゴルフで飛ばすための方法なんですよ。

 

 

また、ドライバーだけでなく、アイアンでも同じこと。

 

使うのがドライバーかアイアンなのかの違いでしかないですから。

 

 

最短で飛距離を伸ばすためにすべき事

 

最短で飛距離アップするためには、ドラコンで飯を食ってる飛ばし屋に、

 

 

下半身の力を最大限に活かすアドレスのとり方

 

 

「足」と「手」を連動させた飛ばすためだけのスイング

 

 

を、教えてもらうのが一番早く飛距離を伸ばせます。

 

 

無駄な筋トレや飛ばすためにによいと思って行ってる無駄な練習をしなくて済みます。

 

さらに、時間の無駄使いをふせげます。

 

 

ドラコン王!安楽拓也が教える飛ばしの技術が学べるDVDの評価

 

 

まぁ、何年かかってもいいから独学で飛ばせるようになってやる!というのなら止はしませんが。。。