ビジネスゾーン 練習方法

ビジネスゾーンの練習方法!どうすればショットが安定するのか?

ビジネスゾーンの練習方法を書いていきます。

 

100切りするために必要なのはビジネスゾーンの練習です。

 

ぶっちゃけインパクトさえ正確に触れれば後は少々不格好でもショットは安定します。

 

 

お世辞にもキレイな打ち方とはいえない方が真っ直ぐ安定した打球で飛ばしてるのを見かけることがありますよね。

 

アレって、インパクトゾーンが正しく振れてるから真っ直ぐ飛ぶのです。

 

 

一般的なインパクトの練習方法

 

右腰から左腰の高さまでは、両腕と肩で作る三角形の形を壊さないようにする。

 

9時から3時までは三角形を崩さないようにスイングする。

 

 

その際、グリップエンドが体の真ん中を向くようにします。

 

そして、リストをアドレスの位置に戻してくる。

 

これらを意識して練習場で打ちます。

 

 

あと、左足は固定させることも重要です。

 

ダウンスイングで左サイドへ流れてしまってはいけません。

 

 

左足を内側に絞り込むように固定しつつ、右足を回しこんでくるのがインパクトでの動きです。

 

 

ただし!

 

この練習方法を実践しても効果がみられない人もいます。

 

どういう軌道で、どのようにボールに当てていくのか?

 

また、なぜそうでなければいけないのか?

 

これを理解できてないと、この練習は無意味なものになります(汗)

 

ビジネスゾーンのメカニズムを理解し、それに沿った練習をしなければ無駄な努力になってしまうでしょう。

 

 

ビジネスゾーンの原理原則と本当の練習方法

 

インパクトを本当に理解するには、

 

 

「インパクトから逆算してスイングを構築する」

 

 

ことを考えなければなりません。

 

 

 

「トップからではなく、インパクトから」

 

 

考えるのです。

 

 

そのための練習は、とてもシンプルです。

 

じゃあ、どうやって練習したらいいのか?どうやって間違った癖を直したらいいのか?

 

正しいスイングとは何なのか?

 

 

その答えが収録されたDVDがあります。

 

→正しいビジネスゾーンの練習方法はこちら

 

 

このゴルフ理論で練習すると

 

俺は、なんて間違ったムダな練習をしてたんだろう?

 

と思うようになります。

 

 

短期間だけ反復練習して正しいスイングを身につけれたら、あなたの練習は終わり。

 

あなたは何度打っても安定したショットが打てるようになり、「100切り達成」となるのです。

 

 

正しいスイングを一度覚えてしまえば、後はほとんど練習しなくてよくなります。

 

さすがに90を切ろうと思えばコースマネジメントも必要ですが、コンスタントに100切るぐらいなら前日にちょこっと感覚を確かめるぐらいで充分でしょう。

 

その答えは以下のレビュー記事を見れば解ります。

 

インパクトを極めるためのレッスンDVDのレビューはこちら