ウィークグリップ スライス 理由

ウィークグリップがスライスになる理由は?

ウィークグリップで握るとスライスになります。

 

 

その理由は。。。

 

右サイド優先のため、切り返しでクラブが外側から下りやすくなるからです。

 

典型的なスライサーはクラブフェースを開きながらバックスイングして、トップで8の字を描いて外からクラブを下ろします。

 

その原因はウィークに握るグリップのせいです。

 

 

・右手がかぶり、親指と人差指で作られる「V字」がアゴを指している。

 

 

 

・右手がかぶってるため、右ヒジが高いアドレスになっている。

 

 

 

・右ワキの開いたクロストップになっている。

 

 

 

ウィークに握ると、右ヒジが左ヒジより高くなるアドレスになり、クラブが外に上がってトップで右ワキが開き、クラブが飛球線とクロスしてしまいます。

 

このトップからフェースをスクエアに戻そうとすると、ウィークグリップなので戻しきれずにフェースが開いたままアウトサイドインのオープンフェースになりスライスするのです。

 

 

では、どうすれば直るのか?

 

 

ウィークグリップをストロンググリップに直す!

 

ウィークグリップからストロンググリップに直すことでスライスが直ります。

 

 

もちろんスライスの原因がウィークグリップだけじゃない可能性もあるので、これだけで直るとは断言できませんが(汗)

 

とにかくストロンググリップにすることで、右ヒジが高いアドレスに修正でき、インパクトでオープンフェースの度合いを抑えることができます。

 

 

1.左手のナックルが2〜3個見えるように握る。

 

 

 

2.右手は下から添える。

 

 

 

3.親指と人差指が作る「V字」が右肩を指す。

 

 

 

これでストロンググリップの完成です。

 

 

PS.

 

ストロンググリップにしてもスライスが直らなかった場合、根本的にスイングが間違っているのかも知れません。

 

スライスになる本当の原因とその改善方法についてはドローボールマスタープログラムというDVDを見れば解ります。

 

ドローボールマスタープログラムを見れば何度打っても真っ直ぐ飛ばすことができる?