ロングパット 距離感

ロングパットは簡単!距離感を掴むにはボールを見るな?

ロングパットの距離感を掴むのはなかなか難しいですよね?

 

 

でも、ゴルフのスコアをアップしようとすると、ロングパットを2パットで終えることは必須。

 

ココが上手くいかなければ、いつまで経っても上手くなりません。

 

というかスコアが縮まりませんm(_ _)m

 

 

ロングパットの距離感について

 

ロングパットの距離感は適当です(笑)

 

 

こういっちゃうとなんですが、これは事実です。

 

目から入る情報を重視する。

 

それがロングパットの距離感の作り方です。

 

 

ロングパットは振り幅で距離を調節してはいけません。

 

 

目標を見て、頭をカラッポにして打つ。

 

 

もちろん他にも細かいことはありますが、基本はこれでオッケー。

 

 

あなたは野球のキャッチボールをしたことがありますか?

 

キャッチボールをする時って、相手のグローブを見た後、何も考えずに投げますよね。

 

それで大体相手の近くにボールは投げられます。

 

つまり、

 

人間の脳は勝手に距離を認識して情報を体に伝える機能を備えているのです。

 

 

 

キャッチボールとロングパットは同じです。

 

 

距離感が解らない、思った所にボールが行かないというのなら、それは距離感じゃなく打ち方が悪いのでしょう。

 

いくら距離感が合っていても、ヘッドの芯にボールがまともに当たらなければ全て台無しになります。

 

 

では、安定したショットを打つにはどうすれば良いのか?

 

 

安定したストロークでパット名人

 

パッティングが上手い人は、

 

振り幅とリズム

 

芯に当てる

 

力加減

 

この3つが一定です。

 

この打ち方ができれば、まず大きくオーバーしたり、ショートしたりすることはありません。

 

パター上達には安定したストロークが第一です。

 

「パターが上手い人」

 

「パターが下手な人」

 

 

一体何が違うのでしょう?

 

天性の勘?

 

動物的勘?

 

経験値?

 

 

そんなはずありません(笑)

 

 

 

まぁ、青木功プロのような怪物もおられるので一概にいえないですが(汗)

 

あの打ち方で入るのは青木プロの”勘”もありますが、一番入る形だったんでしょうね。

 

 

話しを戻しますと、パターが上手い人と、パターが下手な人の違いには秘密があります。

 

 

ロングパットは下半身で打つ!

 

パターは下半身で打つと安定します。

 

パターが上手いプレーヤーは、例外なく下半身が動きません。

 

上手い人は、石に固定されているかのように、微動だにしません。

 

 

 

体幹軸でストロークする感じ。

 

 

もちろん頭も一切動きません。

 

 

パターのミスショットの多くはヘッドアップが原因なんですよ。

 

意外と気づかないですが、実は多い落とし穴なんです。

 

 

 

カップが気になるし、動きも遅いので、意識しづらいかも知れません。

 

タイガーウッズはパターについて言いました、

 

「カップインは目ではなく、耳で聞く」

 

と、

 

これはヘッドアップが悪影響を及ぼすことを知っているからです。

 

 

頭と下半身を一切動かさずに、上半身の軸だけでストロークする。

 

下半身を固定して軸だけで、頭も動かさずにストロークする。

 

 

これが、どれだけツライ動きかわかります。

 

 

 

けど、それだけで距離は間違いなく合います。

 

そして、ラインが上りの簡単なラインなら、2メートルくらいあっても入ります。

 

ロングパットで距離がそこそこ合えば、2メートルでもストレートの上りなら、2打目で入る確率はグッと高くなります。

 

 

ポイントをまとめると、

 

1.芯で当てる事

 

2.体幹軸で下半身固定で打つ事

 

3.頭は絶対に最後まで上げない事

 

 

この3つを守ることが大事です。

 

 

これが出来ればあなたもパター名人ですよ。

 

 

だけど、これは簡単に出来る事ではありません

 

 

相当難しいですよ。。。

 

 

ですが、パターの原理原則、そして正しいパターの練習方法を知り、実践すればパッティングが得意なショットに変わります。

 

 

ちなみにパターの正しい練習方法をご存知ですか?

 

 

というよりも、パッティングだけじゃなく、ゴルフで90、80台のスコアを出せるようになるには、正しい練習方法練習する順番があります。

 

 

パターで安定したインパクトができれば、どのクラブでも安定したインパクトができます。

 

 

今あなたが、伸び悩んでいるとしたら、そもそもゴルフを学ぶ順番が間違っているのかもしれませんよ。

 

 

ゴルフで80台を目指せるパター理論が学べるDVDの評判