小原大二郎 7日間シングルプログラム

ゴルフ上達にはビジネスゾーンの習得が不可欠!

小原大二郎コーチによるレッスンDVDの7日間シングルプログラムの2枚目のディスクについてレビューしていきます。

 

2枚目では7日間シングルプログラムの真髄であるビジネスゾーンを習得するために何をすべきか?が詰め込まれています。

 

 

とはいえ、やることは非常にシンプル。

 

難しく考えずにレッスン内容を黙々とこなしていくと、結果はついてくるかと思います。

 

地味な練習を黙々と行なうのはとても辛いですが、その先に見える「100切り」「ゴルフの楽しさ」を想像すれば辛くはありません。

 

3ヶ月以内に苦労が報われる日がくるので、信じて練習あるのみです(^^)v

 

では詳細を書いていきますね。

 

 

4時−8時のスイングでのポイントは3つ!

 

まずは、3時-9時のハーフショットではなく、4時−8時のスイングで基礎を学びます。

 

これは、アナログ時計の数字をスイングの円に見立てたものです。

 

ここでは、ポイントが3つあります。

 

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、体を使ったスイングの構築に役立ちます。

 

ゴルフの基本中の基本ですね。

 

小さなことからコツコツと。

 

まずは、このスイングを完璧に覚えること。

 

これが後のフルショットに活きてきます。

 

 

まずは、「ハーフショットから」というコーチは他にもいますが、具体的な注意点を挙げて説明されてる人は少ないです。

 

小原コーチは、始めはハーフショットよりも小さいスイングを推奨されてます。

 

尚且つ、具体的におさえるべき3つのポイントも教えてくれるので迷うことがありません。

 

 

この3つのポイントを意識するだけで、手だけを使ったいわゆる「手打ち」にならないスイングが自然と習得できます。

 

ボールを使った練習方法は非常にためになりますよ。

 

ということで、次からいよいよビジネスゾーン/ハーフショットに移ります。

 

 

ビジネスゾーンのスイングでのポイントは3つ!

 

ゴルフのスイングって、バックスイングばかり意識しがちです。

 

私もそうでした。

 

でも、ゴルフのスイングって、打った後も大事なのだと気づきました。

 

私に欠けていたのは、フォローの部分でした。

 

フォローって大事なんですね(汗)

 

 

フォローを意識して小原コーチの教え通りに素振りをしてビックリ驚愕!

 

 

ビジネスゾーンには、意識すべき3つのポイントがあります。

 

で、そのビジネスゾーンで意識すべき3つのポイントに注意しながら素振りをしたら、

 

 

上手く振れなかったのです!

 

 

しかも、ゆっくり振っても出来ませんでした(汗)

 

しかも、翌日は筋肉痛(笑)

 

 

素振りしただけなのに、腹筋や背中の筋肉が痛いのです。

 

ビックリしましたね。。。

 

いかに、自分が正しいスイングをできてなかったのかが身を持って理解できました。

 

答えがわかれば、後はやるだけ。

 

このDVDで説明されている「ビジネスゾーンの正しいスイング」を何度も何度も繰り返し練習したのは言うまでもありません。

 

 

ちなみに、自宅でも実践可能な、「素振りのやり方」「ボールを使った練習」が収録されています。

 

経験者の方で、すでに間違ったスイングの型が付いてる場合はそれなりに練習が必要ですが、逆に初級者なら簡単に習得できると思います。

 

毎日5分程度の練習を、1ヶ月もやれば自然と身につくでしょう。

 

 

PS.

 

ディスク3では、ビジネスゾーンより上の肩から肩までのスイング構築へとステップアップしていきます。

 

ハーフショットでのインパクトをマスターできてれば、それほど難しくはないでしょう。

 

 

小原大二郎の7日間シングルプログラム3枚目のレビューはこちら

 

小原大二郎の7日間シングルプログラムの総合評価はこちら

 

関連ページ

7日間シングルプログラムの口コミ
7日間シングルプログラムの口コミをまとめました。小原大二郎ティーチングプロのレッスンは実際どうなん?と思ってる人はこの記事をお読み下さい。
インパクトゾーンを極める方法
小原大二郎コーチのゴルフ理論がつまったレッスンDVDである7日間シングルプログラムを見れば、ビジネスゾーンの軌道を安定し、スコアアップにつながります。
100切りスイングを習得!
小原大二郎監修のレッスンDVDである7日間シングルプログラムの3枚目を見れば肩から肩までのスイングとフルスイングについて学べます。ハーフショットを習得すれば次は肩まで。ここまでくればフルショットも簡単です!