クォーター理論 パター編

クォーター理論のパター編でスコアが18も縮まるってホント?

クォーター理論のパター編についてレビューしていきます。

 

 

ゴルフのスコアを1打でも縮めたければパッティングの技術を磨くのは必須。

 

ドライバーの1打もパターの1打も同じ1打です!

 

毎回3パットしてる人が2パットに抑えることができれば、

 

 

マイナス18打

 

 

です。

 

 

これってスゴくないですか?

 

110〜120ぐらいのスコアで彷徨ってる人がパターの練習をすれば、

 

一気に100切り!

 

も全然あり得る話ですからね。

 

 

それほど重要なパター。

 

その上達方法を桑田泉コーチががっつり教えてくれます。

 

 

パッティングもインパクトが最重要ポイント

 

ドライバーやアイアンだけに関わらず、ゴルフで最も重要な部分。

 

それは、

 

インパクト

 

です。

 

それはパターにおいても同様です。

 

 

インパクトが悪ければ結果は出ません。

 

この1枚目のDVDを見れば、何年、何十年も練習しているのに上達しない「本当の理由」が理解できます。

 

 

パターにはパターのスイングが存在します。

 

 

パターのセットアップ

 

まずは、グリップの握り方

 

パターのグリップは、強く握るか、弱く握るのか?

 

というところから細かく教えてくれます。

 

 

次に、再現率の高いアドレスを作る方法を覚えます。

 

このアドレスをクォーター理論的にいうと、

 

「GAP3」

 

といいます。

 

 

そして、パターの時にはボールをどの位置に置けばよいか?

 

ということも含めた一連のセットアップが詳しく学べます。

 

グリップ、アドレス、ボールの位置。

 

ここまででも、これまで見たものと違って真新しい理論となってます。

 

 

パターのスイング

 

従来のパッティング理論では、バックスイングはまっすぐに引きますよね?

 

実はそれって間違いなんですよ。

 

真っ直ぐ引いてはいけません!

 

〇〇に引いて、〇〇にフォローします。

 

ここはクォーター理論の本質の部分なので、詳しくは教えられませんm(_ _)m

 

 

 

即効で結果を変える、つまり2パットを量産できる、

 

「4つのポイント」

 

を知ることができます。

 

 

これは知ってるのと知らないのとでは大違いの内容です。

 

 

他にも、ロングパットの距離感をピタッとあわせる簡単な方法や、ロングパットが得意になる「3つの練習法」も参考になるでしょう。

 

 

更に、プレッシャーに負けない、強いメンタルを養う方法までも収録されてます。

 

 

ディスク1は、パッティング理論だけで、収録時間は65分間あります。

 

ゴルフのパターについては、この1枚だけで十分だと思います。

 

 

 

PS.

 

クォーター理論のレッスンDVDの「アプローチ編」についてもレビューしています。

 

 

→ クォーター理論「アプローチ編」のレビュー記事はこちら

 

→ クォーター理論の総合評価はこちら

 

関連ページ

桑田泉の評判ってどうなん?
レッスンプロの桑田泉コーチの評判をまとめました!ティーチングプロの教え方で上手くなるのか?
クォーター理論のアプローチ編のレビュー
クォーター理論というレッスンDVDのディスク2枚目と3枚目はアプローチ編です。アプローチでトップなどのミスショットが出る原因と解消法を分かり易く説明してくれます。
S3で正しいフルショットを習得!
桑田泉コーチ監修のクォーター理論。その中の「フルショット編」では桑田式で言うところの「S3」というショットになります。この章をマスターすれば正しいスイングプレーンで振ることが可能です。
スコアマネジメント術を学ぼう!
桑田泉コーチがスコアアップにかかせないスコアマネジメントを教えてくれます。クォーター理論ではラウンドの回り方までレッスンしてくれます!