吉本巧 ドローボールマスタープログラム

スライスしようのないダウンスイングをマスターできるDVD

ドローボールマスタープログラムを見ることにより、スライスしない軌道でスイングすることができるようになります。

 

「曲がらないダウンスイング」

 

 

これを習得すれば、ゴルフが10倍楽しくなります。

 

結果、スコアもアップします(^^)

 

この記事では、吉本巧コーチ監修のレッスンDVDであるドローボールマスタープログラムの3枚目のディスクについてレビューしていきます。

 

 

ゴルフスイングの中でもダウンスイングからインパクトにかけては非常に重要なポイントです。

 

吉本理論の曲がらないダウンスイングを学び、練習することで自然にスライスは直るでしょう。

 

てか、緩やかなドローボールさえ打てるようになります。

 

では、早速3枚目の詳細を見ていきましょう!

 

 

スライスしないダウンスイングとは?

 

スライスを改善させる99.97%の秘密は「ダウンスイングの軌道」にあります。

 

極論を言えば、

 

「スライスしない理想の軌道」

 

を、自動的に通るようにすれば、スライスは矯正できます。

 

このレッスンでは、スライスしない理想の軌道を自然に通るようにするための秘密が惜しみなく収録されています。

 

吉本コーチがダウンスイングでの体の使い方を分かり易く解説してくれます。

 

 

ハーフスイングでは、ちゃんと正しい軌道で振れるのに、フルショットした途端にスライスしちゃう人って多いです。

 

フルショットする場合には、

 

「タメを作ること」

 

と、

 

「インサイドスクエアの軌道」

 

になっていることが必須なのです。

 

 

この問題を解決する方法は、「ハンドルの動き」にありました。

 

吉本コーチが行われている「ハンドルの動き」を真似してスイングするだけで、「大きなタメ」と「インサイドスクエアな軌道」を作ることができます。

 

これをマスターすれば、ティーショットでOBを出す確率は激減するでしょう。

 

プレフォー地獄から開放されます(^^)

 

ダウンスイングでの三角形の作り方

 

また、スライスを直し、ドローボールを打つには、インパクト時に体の開きを抑える必要があります。

 

レッスンでは、体の開きを抑えるためにすべき、

 

「ある三角形の作り方」

 

について紹介されています。

 

 

ゴルフの教科書的な本にもよく書かれている三角形の作り方ですが、吉本流の三角形はひと味違います。

 

この三角形ができれば、自然とスライスしない理想の軌道で振ることができます。

 

あ、そうそう。

 

この方法は、あのイ・ボミ選手も実践されてるそうですよ。

 

 

実際に、鏡の前で素振りしただけでもフォームの変化を体感できるはずです。

 

 

理想のダウンスイングを身につける一風変わった練習方法

 

最後に具体的な練習方法の紹介です。

 

練習場に行く必要すらありません。

 

自宅のお風呂でできるからです。

 

 

お風呂で出来るインサイドスクエア練習法!

 

なる練習方法が収録されています。

 

実際には、大きな鏡がある所ならドコでも構いません。

 

スライスばっかりなのでコースは不安で行けない人

 

頻繁に打ちっぱなしに行けない人

 

自宅でクラブを振るスペースがない人

 

そんなあなたはぜひ試して欲しい練習法です。

 

「鏡さえあればできるインサイドスクエアの練習法」

 

 

を繰り返し練習することで、フォームが劇的に改善していきます。

 

実際にクラブを握って1球目を打てば、その違いにビックリすると思いますよ。

 

 

 

PS.

 

ディスク4枚目は「インパクト&フォロスルー編」です。

 

ここで学んだダウンスイングはインパクトへの布石です。

 

ココがしっかりできていれば、自然と正しいインパクトを向かえることができます(^^)v

 

吉本巧のドローボールマスタープログラム4枚目のレビューはこちら

 

吉本巧のドローボールマスタープログラムの総合評価はこちら

 

関連ページ

吉本巧の評判
レッスンプロである吉本巧ティーチングプロの評判をまとめてみました!
スライスが出る本当の原因を知る
吉本巧コーチのドローボールマスタープログラムを見ればスライスが出る本当の理由がわかります。
スライスしないアドレスとバックスイングとは?
吉本巧コーチのドローボールマスタープログラムを見ればスライスしないアドレスの取り方やバックスイングの仕方が学べます。
曲がらないインパクト&フォロスルーとは?
ドローボールマスタープログラムを見れば、曲がらないインパクトとフォロスルーが体得できます。吉本巧コーチ監修のレッスンでスライスは直るでしょう。